クロピクのクソリプ!

クソ農家のクロピクが、クソみたいなこと、そうでもないことを言いたいほ放題書いていくブログです。

音声メディアで差をつけよう

f:id:kuropiku:20181020163450j:imageどうも、クロピクです。

 

  

スマホの普及により情報をインプットの仕方も多様になりました。

 

映像、テキスト、音声…

 

その中でも私は音声メディアでの情報インプットには大きな可能性があると思います。

 

 

 

映像メディア

基本視線と耳が持っていかれるので基本的に映像を観れる環境が必要になります。

移動する時に見るのも歩きスマホなどの危険もありますし、通信容量も食います。

 

テキスト

文字を読むのにも視線が必要ですし文字の大きさによりみずらかったりもします。

読む速度も得意不得意があります。

 

 

音声メディアのメリット

  • 視線の自由

音声のみの場合、まず視線が自由になるので他の事ができます。

  • 通信量

音声メディアは容量が小さいので通信量もあまり気にしなくても良くなります。

  • 移動中

移動中に聴いても今はBluetoothのワイヤレスイヤホンが普及しているので片耳だけでも聴けるので歩き移動の危険も防げます。

  • 倍速

私がなにより効率を上げる事が出来ると思う事がこの倍速機能です。

日々倍速機能を使い耳を鍛え速さに慣れる事によって通常の何倍も多く情報をインプットできます。

  • 読み上げ

スマホには電子書籍を読み上げる機能があります。本やテキストを読むのが苦手な方でもスマホの読み上げ機能を使えば1日に何冊も本を読む事ができます。

何を隠そう私も無茶苦茶読むのは苦手です

国語のテストで文章読んでるだけでテストの時間が終わってしまうくらいでした。

本なんて読もうもんなら一冊に数ヶ月もかけて読んでいました。

 

 

そんな私ですがこの読み上げ機能を使う事によって1日に2〜4冊

長いものでも2日で読み切る事ができています。

そして倍速機能と組み合わせる事によってより効率よくできます。

速読を練習するよりよっぽど楽でした。

 

 

会話も上手くなる

そして人との会話でも早い音声になれる事により会話においての頭の処理能力が格段に上がるのでトーク能力も上がります

 

 

なにより音声はテキストによる情報インプットと比べた時、読む行為と聞く行為は日常生活からすると聞く方が多いです。

テレビ、会話、街中に溢れる広告音声など圧倒的に慣れています。

 

 

 

radikoPodcast、オーディオブック、Voicy、Himalaya、ラジオクラウド、アルキキ、ネットラジオKindleやテキストの読み上げ、YouTubeを音声のみで聴いたりなど…

 

色々な物を駆使して多くの情報のシャワーを浴びましょう。